hopstepjump

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツの心理

<<   作成日時 : 2007/10/09 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日のパリーグ、クライマックスシリーズは予想を反してソフトバンクが勝ちました。ストレート負けで今日が今シーズンの終わりだと思っていたのですが・・・。勝利インタビューでは「開き直って・・」の言葉がありました。スポーツ界ではよく聞く言葉です。
 「開き直り」とは競技者にとってどのような状態になるのかがいつも気になっています。この状態で競技者は良い結果を出すことがよくあります。スタートから「開き直って」の状態であればどうでしょうか。 現時点で私が思うことですが・・・心理的に余計なことを考えないことです。そのことによって今以上に集中力が高まります。周りのことも気にならなくなります。それによって身体的にも使う必要のない筋肉が収縮しないことで、必要な筋肉の動きの邪魔することもありません。当然のこと必要な筋肉は十二分に働くことができ、大きな力を発揮することになります。私自身、6本目の最後の跳躍で逆転優勝をしたことがよくありました。自分自身、開き直りの意識はありませんでしたが、それまでの跳躍以上に集中し、心身ともに力が一点に集中できていたことを今頃になって理解・納得しています。自分の身体運動がのびのび出来るときに大きな力が発揮でき、結果もついてきます。佐賀北高はその一例だったと思います。
明日のプロ野球の最終戦、ソフトバンクのプレーヤーが今日とは違って、ヘンに意識することになると、貧打・エラー等で敗北確定です。明日の3戦、自分のプレーに参考になるヒントが必ずあるはずです。勝っても負けても明日のゲームスコアは4−3。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポーツの心理 hopstepjump/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる